トップ 自動車教習所ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車教習所ナビ交通違反について知っておきたいこと > 免許取消について

免許取消について

免許取消についての画像

“免停”に似たものに“免許取消”というのがありますが、これは“免停”よりも厳しい処分で免許を取り上げられてしまいます。また、免許取消になると“欠格期間”という制限期間が付けられて、その期間はどんな免許もとることはできません。

たとえば“国際免許”というのがあって、これは日本の運転免許をもっていたら簡単な手続きをすることによって外国でも運転することができるようになるものですが、これをもっているからといって欠格期間に車を運転すると無免許運転となり、道路交通法違反で刑事罰を受けなければならなくなります。

累計点数が取り消しに該当するまでになってしまったのは、やはり本人に非があるからで、万策尽きたような悲惨な状態になっても仕方ないといえばそれまでですが、実はこのような免許取消対象者が必ずしも免許取消処分を受けることになるとは限りません。というのも、道路交通法には“意見の聴取制度”というのがあって「公安委員会は、免許の取り消しまたは免許の効力を90日以上停止しようとするときは、公開による意見の聴取を行わなければならない……」と記載されています。

これは、点数上で免許取消に該当したとしてもこの内容よりも実際の処分では緩和される可能性があるということを言っていて、実際に違反内容や過去の違反経歴からある一定の違反以下であると認められれば免許取消処分が“免許停止処分”に緩和されることもあるのです。この判断基準は管轄の公安委員会に委ねられていて、過去の例でいくと“免許取消から免許停止(180日)に”というだけでなく、“欠格期間が2年から1年に緩和される”というケースもあるようです。

ただこの“意見の聴取”は本人が出て意見を言うというのが条件となっているために、弁護士などを代理人として立てても効果はあまり期待できないようですし、正当な理由もなく欠席した場合には意見の聴取はなされないままで処分が下されてしまいます。



スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車教習所ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ バイク免許について

バイク免許(二輪免許)の種類と取得するための条件に関しては前の項で触れましたが、ここではバイク免許を取得するにあたっての心構えを再確認しておくことにしましょう。車の量が増え続けているにもかかわらず、バイクは相変わらず車と同じ道路を走っていますが、このような状況からバイクは事故に合う率が非常に高いと言えます。 走行中は、一定の距離をおいて安全を保たなければならないという自制心が働くのですが、渋滞に巻き込まれたりしてその距離が保てなくなると、その小回りの良さを活かして進路変更し

自動車教習所ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。